single.php ESM#10 ファイナリストピッチ③ 渡邉亜紀さま 「Table Diary」 | ESM

ESM#10 ファイナリストピッチ③ 渡邉亜紀さま 「Table Diary」

LINEで送る
Pocket

12651016_10209017415741228_438737911527316549_n

<当日のスライドはこちら>

 

こんにちは。先程ログバーの吉田社長から紹介を受けました渡邉と申します。
よろしくお願いします。
私は4年前にこのESMで、CollaVolというwebサービスのアイデアを発表させて頂いたのですが、彼が開発してくれたお蔭でリリースすることができまして、今でも運営しています。

 

今日これからお話させて頂くサービスは、CollaVolではなくて、別のサービスのアイデアです。
実は去年の9月に出産をしたのですが、産後にすごく不便な思いをして、その不便さを解消したいと思って考えたアプリのアイデアです。
それでは説明させていただきます。

 

働く女性、産後の女性、買物難民、この人たちは共通してなかなか買物に行くことができないという悩みを抱えています。
働く女性は平日は仕事で忙しくて、なかなか時間がありません。
産後の女性だとそもそも外出があまりできない。
そして、買物難民は、近所にスーパーがない。
この人達は買物に行ける機会が限られているので、週末などに一週間分の食材をまとめ買いするというニーズがあります。

 

しかし、まとめ買いは計画的に行う必要があるので、すごく手間がかかります。
まず何を作るか考え、レシピを探して、例えば一週間分などまとめて献立を立てます。
そして買物リストに落とし込み、買物をするという風に、考えることや作業がたくさんあるんです。
なかでも特に日々の献立を考えるのは、すごく頭を使う作業です。
例えば料理を二日分作って使い回すとか、残り物が出ないように同じ食材を使ったレシピを選択するとか、1日の栄養バランスや食べ合わせを考慮するとか、主菜は1週間で肉や魚に偏りがないようにするとか、けっこう色々考えることがあります。
実際に全国の主婦へのアンケートで、多くの主婦が献立作りに悩んでいるという調査結果もあります。
そして、献立作成が完了すると、ここからがまた大変な作業です。
献立は、レシピ本やクックパッドなど、色んなレシピ媒体をもとに作っています。
ですので、買物リストを作るときは、色んな情報源から材料を合算して作る必要があります。
ですが、ただ足せばいいというわけではなく、既に家にあるものは買う必要がないので、冷蔵庫の中身をチェックして買物する必要のないものは除外する、という作業を行って、ようやく買物リストが完成します。
そして、買物をします。
私はネットスーパーをよく使っているのですが、買物がまた大変です。
買物リストの商品を一つ一つ検索してカゴに入れるという作業を、リストの商品の数だけ繰り返す必要があります。

 

ここまでの一連の作業を毎週行うのは時間が取られ、かなり負担になります。
そこで、それを解決するために考えたのが、今回の「Table Diary」というアイデアで、レシピ登録から買物までをワンストップでサポートするというサービスです。

 

それでは、簡単に機能の説明をします。
まずレシピ登録です。
とても簡単に登録できることが最大の特徴です。
レシピ本やレシピサイトなど、色んな媒体からレシピを取り込むときに、撮影ボタンのワンクリックで、データベースに取り込む機能を考えています。
これによって、本やWebなど、色んなところ散らばっているレシピをアプリで一元管理することができるようになります。
レシピ情報や材料情報がデータベースに保存されると、情報を自由に組み合せて献立を作ることができたり、買物リストを自動的に集計したりすることができるようになります。
買物のサポートについては、例えばイオンなどネットスーパーをやっている会社と提携する必要がありますが、買物リストが完成すると、ネットスーパーの注文画面が自動的に表示されるようなことができたらいいなと思っています。

 

実際にこのサービス領域を全てカバーしているサービスはまだありません。
まずはiPhoneアプリのリリースを考えています。
Swiftで開発しているので、Swiftが書けるエンジニアの方を募集しています。
よろしくお願いいたします。

 

LINEで送る
Pocket

You may also like...